サイトマップ

早くに現金が必要ならプロミスへ

おっ金に困ったときに借りられるカードローンサービス、キャッシングサービスは複数ありますが、その中でも手続きの早さや手軽さに優れているとされているのがプロミスです。

 

プロミスはTVCMでもおなじみとなる大手の消費者金融で、最短即日での借り入れが可能なために今日にお金が必要でもスピーディに対応ができるようになっています。来店不要でのカードローンキャッシングの利用も可能となり、誰にも会わずに借りられるのも魅力です。

 

来店不要でプロミスで借りる際には銀行振り込みでの対応となり、振り込みは平日14時までのWeb契約が条件となります。時間外となると翌営業日の扱いとなるので、その日のうちの振り込みで借りたい場合には曜日や時間に気をつけておかなければなりません。

 

時間を過ぎてしまった、曜日が振り込みでは対応ができないといった場合には、振り込みではその日には借りられませんがプロミスの即日融資自体が利用できないわけではありません。別の方法でその日のうちにプロミスの借り入れが利用できるので、平日も土日も、振り込み対応時間外でもプロミスは頼れます。

 

早いプロミスの借り入れ

 

週末や14時以降に借りる方法

振り込みでは対応ができない曜日や時間の際には、契約の方法を変える必要があります。プロミスは全国各地に無人の自動契約機を設置しており、契約機は土日でも営業をしているので週末の最短即日契約も可能です。

 

土日でも営業時間内なら契約機でカードの発行が受けられ、受け取ったカードでプロミスATMや提携ATMでの借り入れが利用できるので、週末や振り込み時間外でもその日のうちに借りられます。

 

契約機を利用する前にネットで申し込みを進めておけば書類への記入も不要となり、申し込みから契約までも進めやすくなります。また、時間の短縮にも繋がるので、プロミスの契約機を利用する手続きであるとしても、申し込みはネットで行っておくのが基本と言えます。

 

契約機は様々な場所にある

プロミスの契約機は日本全国各地に設置がされており、多くのところで22時まで営業をしています。21時までの審査回答となる申し込みだけ事前に済ませておけば、その後に契約機に行くことで夜間でも契約が行えます。

 

設置は東京や大阪などの大都市だけでなく各地にあり、プロミス長崎市で見ても複数の契約機が設置されています。どこにいても便利に素早く契約が行えるのがプロミスの魅力で、契約機なら後日の郵送物もないので安心です。

 

ただ、契約機の利用の際には必要書類の確認をしっかりと行わなければなりません。書類に不備があるとその場での契約が行えなくなってしまうので、その日のうちに借りたい場合にはネットでの申し込み後に、必要となる書類を見ておくようにしましょう。

 

店舗での契約手続きも可能

契約機がある以上は店舗での契約を行う必要性があまりありませんが、しっかりと相談をしながら契約をしたいなどの場合には、無人の契約機ではなく担当者がいる有人店舗の利用も行えます。

 

契約機と比べると遥かに設置数が少なく、一部の地域にしか設置がされていないためにプロミス店舗の利用は便利とはいえませんが、近くに設置がされている場合には相談や各種手続きが行えます。営業時間や営業日は契約機よりも短くなるので利用がしづらいため、店舗の利用の際には事前の確認が欠かせません。
日本全国とはいかずにプロミス札幌店舗のように一部の地域に設置が限定され、地域によっては近くに店舗がない場合もあります。その際にはコールセンターへの連絡や、契約機でのオペレーターへの相談となるので、プロミスの店舗はどこでも利用ができるわけではないのが欠点と言えます。

 

契約後の利用方法

素早い最短即日契約も可能となるプロミスは、契約後の利用を基本はカードを使って行います。プロミスATMや提携ATMでの限度額内での借り入れ、期日までに入金を行う返済と、プロミスカードを使うカードローンサービスが基本です。

 

全国のコンビニや金融機関の提携ATMが利用できるので、プロミスのカードを持っていれば便利に素早く利用ができる利点がある反面、提携ATMでは利用時に手数料がかかる欠点もあります。ATM利用手数料は一度あたりにかかる金額は少なくても余計な出費となるので、なるべく手数料はかけないように利用をしたいものです。

 

プロミスの契約機に備え付けのプロミスATMなら手数料はかからず、振り込みでの借り入れに関しても手数料はかかりません。カードでの利用が基本とはなりますが、手数料負担なく利用をしたい場合には振り込みでの借り入れも考えてみると良いでしょう。

 

毎月の返済は少しずつで
借り入れ後の返済は毎月の決められた期日までに入金を行い、プロミスでは借り入れの残高に応じた約定返済金額の入金をATMや銀行振り込み等で行います。借りる金額が少なければ返済金額も大きくはならないので、余裕のある返済でプロミスを利用したい場合には借り入れ金額を抑えておくと良いです。

 

限度額の範囲内なら繰り返し何度でも借りられるプロミスは、必要となれば限度額内なら自由に借りられてしまいます。しかし、大きく借りると毎月の返済が負担となってくるので、余裕を持って利用をしたいなら大きくは借りるべきではありません。

 

必要最低限の借り入れに留め、収入に対しての無理のない返済としておけば毎月の返済も負担とはならないので、早くに借りられて便利なプロミスのカードローンをうまく使いこなすためにも、借りすぎには十分に注意をするようにしてください。